So-net無料ブログ作成
むさし ブログトップ

死の覚悟 [むさし]

Chapter 31-6 死の覚悟

Kimi: I'm sixteen today.
Stephany: And what would that be in human years?
(キミ: 〔今日あたしの誕生日〕16になったの。
 ステファニー: それ人間だと何歳ぐらい?)

Full House (1987-1995) から。

人間離れしたKimiのcharacterization(キャラ)があって
活きる punch line(オチ)。

しかし、この episode(一話)では珍しく
Kimi の人間性を引き出している。
「(心が)傷つく」という pathos(悲哀感)をかもし出している。

人生は始まりと終わりの連続でできている。

犬の1年は人間の4~5年分に相当する。
子犬があっという間に成長するように、老犬の老いるスピードは驚くほど速い。


むさしくん
Originally uploaded by Ray anthropos
Musashi is turning 12 years old.
That would be around 60 in human years?
(むさしももうすぐ12才。人間で言うと60才くらい?)
〔「犬と人間の標準年令換算表」によると、
犬の1年目は人間の17才分に相当するらしい。
獣医さんの話では、むさしは64才くらいだと。〕

一月前に散歩したときの元気がない。
夏バテかもしれないが、
覚悟はしておかなければならない。
「その時」はいつ来てもおかしくはない。


むさしの死 [むさし]

Chapter 36-9 むさしの死

You should be nicer to him.
(もっとやさしくしてあげて)

魔女の宅急便 (1989, 英語タイトル
"Kiki's Delivery Service")
より。

Grandma: You should be nicer to him.
             Jeff is a very old dog.
Grandson: But, Grandma, all he does is sleep!
(おばあちゃん: ジェフもすっかり年をとったからねぇ。
                   やさしくしてあげるのよ。
 孫: でも寝てばかりいるよ!)

この心温まるシーンに出てくるジェフという犬がむさしと重なって見えた。

2か月程前、両親の家を訪れたとき散歩をした。ボールを追いかけ、元気に走っていた。
その2週間後くらいだったかまたむさしを連れて散歩に出た。
後ろ足がガクガクしていた。段差のあるところで以前はピョンとジャンプしていたのに
それが出来なくなっていた。

それからまた2週間程たって
散歩に行こうとしたら立ち上がれなくなっていた。
老犬になったむさしは
「寝てばかりいる」どころか
寝たきりになってしまった。

飼い主である母はまさに介護状態。
つきっきりで世話をしていた。

犬は飼い主に似るといわれる。
優しい目をしていた。一途な犬だった。
そのむさしが今朝死んだ。
むさし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます